金足農の吉田 代表合宿で直訴 キャッチボール再開!

ネットの反応

【甲子園】金足農(秋田)の8強入りに秋田朝日放送など壊れるwwww sougou93ch.seesaa.net
 
相互100%@本気で月収300万円になる方法@9pK1nsURP70CP45
 


金足農の吉田投手の力投から改めて議論にのぼる球数制限問題。球児の未来を損ねるという意見も分かるが、甲子園での熱投を乗り越えてプロで功成り名遂げた投手が多いのも事実。無事これ名馬ではないが故障しない強靱な身体も一流アスリートの魅力であり実力の一端だ。
 
我らが糸田|||先生の名言集@TeacherOfUine
 


金足農業の校歌斉唱 近江の選手が拍手していて感動 金足農vs近江 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 2018.8.18 高校野球 阪神甲子園球場 カナノウ youtu.be/plbCufHwdXY
 
エアドロップアーチスト高橋ケーキミックス@フォロバ100%@cakemixnakano
 


“この夏、第100回記念で注目を集めた高校野球の中でも一躍注目の的となった秋田・金足農高。同校の校歌も話題となりましたが、これを作詞した近藤忠義氏は、戦前に治安維持法で検挙されて獄中で敗戦を迎え、戦後まもなく、日本共産党に入党し、国文学会の重鎮として力を尽くされた方だった” pic.twitter.com/qk3Yf9DegB
 
川崎篤子@jyuuouumare
 


金足農・吉田が投げた!代表ユニ姿披露/U18アジア

高校日本代表合宿で初めてキャッチボールを行った。金足農(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手(3年)は今合宿第2日(26日、東京都内)野球・日本代表が、練習を行った。
夕方には東京都内で開かれた記者会見で初の代表ユニホーム姿を披露。
その後の結団式にも気合の表情で臨んだ。
東北のエースへ。
吉田が、公の場で初めて日の丸のユニホームに袖を通した。
「日の丸を背負うということで、自覚と責任を持って優勝に貢献したい」 背番号は「16」。
「歴代の先輩たちが「16」で活躍していると聞いたので、その流れに乗りたい」と気合を入れ直した。
甲子園での熱戦の疲れをとるため、前日25日はノースローで調整。
この日も別メニューでの調整ながら、21日の甲子園決勝以来、初めてボールを使った練習を解禁。
約15メートルの距離からは立ち投げ(捕手を立たせての投球)もしていきたい」と回復を強調した。
28日の大学日本代表との壮行試合は登板を回避する方向。
16年に続くアジア2連覇を狙う日本の中心として、来月3日の開幕に照準を絞り完全復活を目指す。

<野球U18>主将・中川卓也、吉田輝星ら2連覇に意欲

9月3日に宮崎で開幕する重みを力に変えて頑張りたい」と抱負を語った。主将の中川卓也(大阪桐蔭)は記者会見で「国を代表が26日、東京都内で結団式を行った。
永田裕治監督からキーマンの一人として挙げられた吉田輝星(秋田・金足農)は「強気な投球が持ち味。
全力を出したい」と意欲を示した。
アジア選手権は8カ国・地域が参加。
日本は大会2連覇が懸かる。
別メニューで調整中の吉田は合宿2日目で初めてキャッチボールを行った。

金足農の吉田、キャッチボールもう再開 代表合宿で直訴

全国選手権の決勝から、わずか5日。代表合宿2日目の26日、全国準優勝投手の金足農・吉田輝星がキャッチボールを再開した。
その後の記者会見では「強気な投球が持ち味。
全力を出せるところまで出したい」と抱負を語った。
【写真】記者会見で撮影に応じる報徳学園の小園(左)、大阪桐蔭の中川(中央)、金足農の吉田。

U18日本代表 別メニュー調整の輝星が5日ぶりに白球を握る

第12回U18アジア野球選手権(9月3~9日・宮崎)に出場する高校日本代表が26日、都内近郊のグラウンドで合宿2日目の練習を行った。甲子園での疲労を考慮して別メニュー調整を行った。
甲子園の決勝から5日目。
輝星がついにボールを手にした。
およそ10メートルの距離で約10分間、大会使用球の感触を確かめながら、白球を丁寧に投げた。
「投げたい気持ちはあった。
感覚さえ取り戻せば、調子は万全」と充実した表情をのぞかせた。
今夏は秋田大会の初戦から甲子園の準決勝まで、10試合連続完投。
決勝を含め、永田裕治監督=からは完全ノースロー指令が出されていたが、投げたくてうずうずうずしていた。
この日にGOサインが出たという。
大会使用球は縫い目の凹凸が少なく、滑りやすいとされるが、「投げにくいという感覚はない」と輝星。
合宿中に行われる実戦3試合での登板予定はなく、9月3日に開幕する本番に向けて、ゆっくりとコンディションを上向かせていく。
練習後には、都内で記者会見が行われた。
真新しい「JAPAN」のユニホームに袖を通し、「日の丸を背負う重みがある。
強気のピッチングで優勝に貢献したい」と胸を躍らせた。

【U18アジア野球選手権】永田監督が甲子園V腕・柿木、準V腕・輝星の2人をキーマンに指名

第12回U18アジア選手権大会(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が26日、都内で記者会見を行った。
この両投手の名前を真っ先に挙げ、大きな期待を寄せた。
さらに「国際大会では、左投手の出来が大きなウェートを占めると思う。
また、輝星については「本当に甲子園では頑張った。
まずは疲れを取ってから」とし、29日まで東京近郊で行う合宿中はノースロー調整を続ける意向を改めて示した。
気になる起用法については、まだ明言しています」。
揺るぎない信頼を口にした。

吉田「自覚と責任持って」=高校日本代表が結団式―野球U18アジア選手権

宮崎市内で9月3日に開幕する高校日本代表の結団式が26日、東京都内で行われた。
全国選手権を制した大阪)の中川卓也内野手が主将を務める。
勝ちへのこだわりを持って、貪欲に優勝を目指したい」と意気込みを述べた。
チームは28日に大学日本代表との壮行試合(神宮球場)に臨み、29日に宮崎入りする。
監督は報徳学園(兵庫)前監督の永田裕治氏が務める。

侍U18結団式、吉田「2連覇へ自分の力出し切る」

<U18アジア選手権連覇を狙う高校日本代表の結団式が都内で行われた。
選手1人が自己紹介を行い、抱負を語った。
日大三(西東京)の日置航内野ならどこでも守れます」と勢いよく自己紹介をし、笑いを誘った。
本職は遊撃手だが、この日の練習では二塁と左翼を守りアピールしていた。

コメントは受け付けていません。