常勝軍団目指す「楽天」石井GM!

楽天・石井GM、常勝軍団目指す「勝負師なので勝ちたい」

楽天生命パークで就任する石井一久氏(44)が27日、楽天のゼネラルマネジャー(GM)に9月1日に就任する石井一久氏(44)が27日、楽天生命パークで就任会見。
石井氏は会見で「正直、東京五輪が終わったら仕事をやめようかなと思っていた。
当分やめられないと思いました」と就任要請された際の気持ちを表現するなど、相変わらずの軽妙なトークで笑わせた。
一方で「やるからには責任があるし、勝負師なので勝ちたい。
(GMの)経験は必要ない。
自分もチームと成長したいし、人に負けない気持ちは持っている。
ハプニング的な優勝はいらない。
毎年ファンの皆さんと一緒に優勝争いができるようにした。

【楽天】石井一久GM、金足農・吉田輝星の1位指名示唆 くじ引きは「黄金の左手」

9月1日から楽天のゼネラルマネジャー(GM)に就任する可能性を示唆。
立花陽三社長(47)は競合となった場合に、くじ引き役を託すことを明言した。
最初の“大仕事”へ石井氏は、目を輝かせた。
この日の会見前に、スカウト会議に出席。
東北・秋田出身の金足農・吉田がドラフト1位候補であることを確認した。
「12球団で12人しか選ばれない1位候補の一人という評価。
素晴らしい選手。
ぜひ東北でプレーしていただければとすごく思う。
こればっかりはご縁なんで。
(秋田から)通過して東京へ行っちゃうかもしれない。
何とか仙台で降りていただきたいなと思います」 独特の「一久節」でラブコールを送った。
10月のドラフト会議では複数球団の競合が予想されるが、立花社長は15年から3連敗中のくじ引き役に「そのために来てもらった」と石井氏を指名。
日米通算182勝を挙げた「黄金の左手」に運命が託されることになった。
吉田に熱視線を送るのは、構想にフィットする逸材だからだ。
楽天は今季、開幕から低迷が続きここまで最下位。
チーム立て直しへ向けて「生え抜きのスーパースターの選手を育てることが大切だと思う」と訴えた。
吉田はかつて13年に田中(現ヤンキース)が球団初の日本一に導いたように、高校時代から日本中が注目する好素材。
さらに東北出身とあれば、文句はないだろう。
引退後は野球評論家として活動し、コーチなどの現場経験はなくGMに就任。
経験不足も不安視されるが「自信がなかったらやらない。
やるからには責任を持ってやりたい。
僕は一応勝負師なので、やるからには勝ちたい」と力強く言い切った。
チームの現状は「投高打低という感じ」と分析。
勝率は3・67でトップ。
11位にとどまるチーム打率2割4分1厘が来季への課題とあって、ドラフトも吉田に絞らずに、今後も注視していく見込みだ。
チーム再建へ、早くも動き出した。
(安藤 宏太) 〇…石井新GMは、これまで野球評論家と並行して行っていく考えを示した。
◆石井 一久(いしい・かずひさ)1973年9月9日、千葉県生まれ。
44歳。
東京学館浦安から91年ドラフト1位でヤクルト入団。
98、00年には最優秀防御率。
01年オフにドジャース移籍。
05年メッツも含め4年間でメジャー通算39勝。
06年にヤクルト復帰、07年オフにFAで西武に移籍し、13年限りで現役引退。
日米通算524試合に登板し、182勝137敗1セーブ、防御率3.80。
左投左打。
妻はフリーアナウンサーの木佐彩子さん。
◆楽天のドラフトで当時の島田社長が田中を4球団の競合から引き当てて、エースに育て上げた。
立花社長が就任してから森(2球団)、安楽(2球団)と3年連続でくじを引き当てたが、昨年は清宮、村上と2連敗するなど15年から3連敗中。
くじを外して岡山商大・近藤を指名。

楽天・石井GM、金足農・輝星に熱烈ラブコール「仙台で降りて」

9月1日付で楽天生命パーク宮城で記者会見を行い、チーム再建への意気込みを語った。また会見を行い、チーム再建への意気込みを語った。また会見を行い、チーム再建への意気込みを語った。
今夏甲子園で準優勝した金足農の150キロ右腕・吉田輝星投手(3年)にラブコールを送った。
「素晴らしい投手。
秋田から東京に行く前に仙台があるので、仙台があるので、進路が注目されるみちのくのスターに同じ東北の楽天をアピール。
「ぜひ東北の方でプレーしていただければ。
こればっかりはご縁なので、そのまま通過して東京行っちゃうかもしれないし。
何とか仙台で降りていただきたい。
12人しかいない1位候補という評価をしています」と思いを口にした。
故星野仙一球団副会長(享年70)の後を受けることが大事」と力説。
吉田はその条件に合致する存在とみている。
会見に同席した立花球団社長からは早くも10月25日のドラフト会議でのくじ引き役も任命された。
「僕は一応勝負師なんで。
やるからには勝ちたいんで」と石井氏。
天然キャラとは一転、辣腕(らつわん)を振るう。

楽天の石井一久GM抜擢は革命的人事か?ミス人事か?

元ヤクルト、ドジャースなどで活躍した石井一久氏(44)の楽天生命パーク内で行われた。石井氏は9月1日よりGMとしての活動をスタートする。
当初は、石井氏に次期監督としてのオファーをしていた模様だ。
石井氏は1991年のドラフト1位で東京学館浦安高からヤクルトに入団、2度の最多奪三振、最優秀防御率など活躍し、2002年よりドジャースへ移籍。
メッツとの2球団で4年間プレーして2006年からヤクルトに復帰、2008年に現役を引退するまで日米通算で182勝137敗1Sの成績を残した。
引退後は、吉本興業の社員として評論、芸能活動を行っており、GMどころか、フロント経験はゼロ。
楽天らしい思い切った人事だ。
これまで楽天は、チーム強化に関しては星野仙一氏の人脈と経験に頼ってきた。
岸孝之のFA獲得などは、その象徴だった。
2015年7月に田代富雄打撃コーチが2軍への配置転換を拒否していたことが明るみに出て大きなバッシングを受けた。
そういう流れの中で、近鉄、日ハムで優勝経験のある実務派の梨田昌孝氏を監督に持ってきて、2年目には大躍進を果たしたが、星野氏が亡くなり、今季チームの借金が重なると、フロントの補強ミスの責任はそっちのけで、あっさりと辞任に追い込まれた。

楽天・石井GMが就任会見 輝星にラブコール「ぜひ東北でプレーして」

9月1日から楽天のゼネラルマネジャー(GM)に就任する石井一久氏(44)が27日、仙台市の楽天のゼネラルマネジャー(GM)に就任会見前に行われたスカウト会議にも出席し、今夏の甲子園で準優勝した金足農・吉田輝星投手(3年)がドラフト1位候補であることを明言。
生え抜きのスーパースター育成を目標に掲げ、独特な“石井節”でラブコールを送った。
まばゆいフラッシュに迎えられても、いつもの穏やかな口調は変わらない。
約50人の報道陣が集まった石井氏のGM就任会見。
9人野球で金足農を甲子園準優勝に導いた150キロ腕・吉田について問われると、早くも“石井節”がさく裂した。
「素晴らしい選手。
球の質、マウンドでの立ち姿。
秋田から東京に(新幹線で)行く前に仙台がある。
そのまま通過して東京に行っちゃうかもしれないけど、何とか仙台で降りていただければ」。
吉田がファンという「巨人」を「東京」に置き換えた独特な言い回しでラブコールを送った。
この日は会見前に2時間に及ぶスカウト会議に出席し“初仕事”をこなした。
スカウト陣の吉田の評価も「1位候補の一人だった」と認めた。
プロ志望届を提出した場合、10月25日のドラフト会議で複数球団が1位指名することは必至。
立花陽三球団社長は「そのために来てもらった。
指名選手の最終決定はこれからだが、石井氏の信念はぶれない。
「ハプニング的な優勝はいらない。
毎年、優勝争いできるチームにしたい。
そのために生え抜きのスーパースターを育てていくことが大事」。
秋田出身でスター性と実力を兼ね備える吉田は最高の人材。
「ぜひ東北でプレーしてもらえたら」との言葉にも力がこもる。
13年日本一を解説者として球場訪問した。
その時の景色が忘れられず「もう一度見たい」とオファーを受けた。
指導者、フロント経験がなかったらやらない。
立花社長は大船に乗ったつもりで待っていただきたい」と一蹴した。
ドラフト、補強、データ分析、育成環境の整備。
最下位に甘んじるチームに課題は多いが「僕は勝負師。
やるからには勝ちたい」。
1月に亡くなった星野仙一前球団副会長とも重なる負けず嫌い。
妥協を許さず強豪チームをつくり上げる。

楽天・石井GM 来季監督人事でも“一久節”「誰がいいですかね?」

楽天・石井新GMが来季の監督像を問われると「あまりイメージはないですね。
誰がいいですか?」と報道陣に質問した。
決定時期についても「逆に“いつにしてください”と言われれば、それまでに考えます」とかわした。
もちろん、人選は最重要事項の一つだが、現在はチームの現状を把握している段階。
「経験があれば良いというわけでもない。
しっかり考えていきたい」と話した。
まず強くなるにはどうしたらいいか考えていきたい。

東北の宝逃さん!楽天・石井GM、就任会見で金足農・吉田にラブコール

楽天生命パークで就任する石井一久氏(44)が27日、楽天のゼネラルマネジャー(GM)に9月1日に就任会見。その席で、今夏の甲子園で準優勝した金足農高(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手(3年)へ“ラブコール”を送った。
10月25日に行われる「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でのくじ引き役にも内定。
日米で活躍した元投手でもあるGMが、スター獲得へと動き出す。
就任会見の場が、笑いと驚きに包まれた。
石井GMが独特な言い回しで、吉田のドラフト1位指名をにおわせた。
「秋田から東京に行く前に、仙台の駅に立ち寄ってほしい。
こればかりはご縁。
そのまま通過していただきたいと思います」 「東京」とはもちろん、吉田が好きな球団と公言した巨人だ。
夏の甲子園を沸かせた右腕は22日、凱旋帰郷した秋田で「(進路は)全く考えていない」と明確に答えていた。
この日、球団に新たに創設されたGM職に就いた石井氏は、約2時間のスカウト会議にも出席。
吉田が“ドライチ”指名候補の1人に挙がったという。
その印象について問われると、「素晴らしい投手。
甲子園で飛躍して輝いた。
1つ勝つごとに、球の質、マウンドの立ち姿が良くなった」と高い評価を明かした。
さらに会見に同席した立花球団社長から、競合の際のくじ引き役にも指名された。
現役時代に日米通算182勝を挙げた“左腕”にも注目が集まる。
吉田は甲子園開幕前の時点で、卒業後は大学に進学する方向性を定めていた。
だが聖地での躍動で注目は高まるばかり。
プロ球団はその動向を注視する。
本人がプロ志望届を出せば、上位指名に動く球団が出ることは確実。
そんな中、東北を本拠地とする楽天の幹部が、隠すことなく、吉田を照準の1人に定めていることを口にした。
愛されるチームづくりを目指すという石井GM。
「育成が大切。
ステップアップできる環境があるからこそ、毎年優勝争いができる環境があるからこそ、毎年優勝争いができる」と掲げた。
その候補生、東北出身の吉田を視野に入る。

楽天GM就任の石井一久氏が再建に自信 「大船に乗ったつもりで待っていて」

5年、今年はどんな順位でフィニッシュしてくれるのかと楽しみな状況をしっかりと僕が作れればいいと思う」と育成面での意欲も見せた。
【パ・リーグの最新順位表】5位・楽天… パ・最新順位表&チーム成績詳細 1991年のドラフト1位で東京学館浦安高からヤクルトに入団した石井氏は、最多奪三振2回(95年)と数々のタイトルを獲得するなどして活躍。
その後、02年に海を渡り、ドジャースとメッツでプレーした。
06年にはFAで西武に移籍。
13年に現役を引退した。
GMはもちろん、指導者の経験はないんですけど、経験はないと思う。
自分の野球観など、いろんなものを駆使してチームにしたい。
弱くするのは簡単だと思います。
来季で球団創設15年目を迎えるにあたり、「このチームを中長期的に強くできる人材」と期待を込めた。

特に石井さんの場合は海外でのプレーの経験もある。
海外と日本の差を含め、我々も勉強することがいっぱいあると思います。
そういった意味で我々の欲しい人材が石井さんだった」という。
その迷いを消し、GM就任を決意した理由の1つは2013年の球団初の日本一だった。
「一応、僕も勝負師なので、やるからには勝ちたい。
この東北で最初に優勝した。
是非、お手伝いした」と返事をしました」と明かした。
必ず、着地点に着けるように頑張っていきたいと思います」と約束した。
ガツガツガツした面がない自身のキャラクターを踏まえ、「僕で心配な方も結構、いらっしゃると思うんですけど、心配がある。
結果とチームの充実度を楽しみに、成長を見ていただきたいなと思います」とも話した。

ネットの反応

【楽天】石井一久GM就任会見で「一久節」さく裂 金足農・輝星に「何とか仙台で降りていただきたい」(スポーツ報知) – Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-… #Yahooニュースアプリ
 
極東新天地が叫びたがってるんだ。@kyoku_shin
 


<楽天>石井GM就任会見「優勝争いできるチームに」 #SmartNews this.kiji.is/40692861922517…
 
ニカイドウタツヤ (musictribe)@tora0413
 


今朝の河北新報、石井一久氏のGM就任会見、もちろん大きく扱っている。コメントから推すと平石監督代行の続投はないのかもしれないな。となると来年の楽天イーグルスの監督は石井氏のヤクルト時代の同僚の誰かかな?
 
hmm@NMB&NGT箱推し@0344hmm0521
 


石井君が楽天のGMに就任。吉田君にラブコール。吉田君が楽天に入団したら秋田→仙台の人移動が増える?
 
麺一徹@bondsakita
 


楽天の人事は…。 楽天の石井一久GM抜擢は革命的人事か?ミス人事か?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-… @YahooNewsTopics
 
坂上二郎ラモ@sucknoway260
 


楽天の石井一久GM抜擢は革命的人事か?ミス人事か?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-… @YahooNewsTopics >阪神のように今だに監督頼みのチーム編成をしているチームも論外だろう さらっとdisられるチームがあるらしい
 
ゆとりずむ@YtrzmYX
 


石井一久の意気込み「やるからには勝ちたい」はいいけど、自力でやれよな? 楽天がいつまでも弱いのは育成を疎かにしてるからであって、外人やFA頼みにしてたら変わらんで? 経験は不要と言い切ったのは、他所から獲ることしか考えてないからだろうけどなw
 
大宮で浅村サヨナラHR@75Lions
 


コメントは受け付けていません。