【巨人 内海】自己最短KO!

【巨人】内海、今季自己最短2回2/3、8失点KO「自分が悪い」

◆巨人5―10広島(28日・東京ドーム) 巨人5―10広島(28日・東京ドーム) 巨人先発の内海が大崩れした。
3回には3連続タイムリーを浴びた。
今季自己ワーストの8失点。
自身4年ぶりの広島戦勝利はならず、4敗目を喫した。
打線は9回に4点を返したが、広島に19安打の10点と打ち込まれては届くはずもなく、60敗に到達。
借金は3となった。
視線を宙にさまよわせながら、内海は何度も額の汗を拭った。
広島打線にのみ込まれ、今季自己最短となる2回2/3を10安打8失点でKOされた。
「チームに申し訳ない気持ちです。
相手(どうこう)より、自分が悪かった。
(どこが悪かったかは)全部じゃないですか」。
肩を落としながら、声を絞り出した。
試合の流れを自ら手放した。
初回。
由伸監督が「立ち上がりは慎重になりすぎたかな」と指摘したように、先頭・野間を四球で歩かせた。
いつもの絶妙な制球力を欠き、内角を突ききれない。
1死二塁から丸に適時打、鈴木に右中間席に2ランを運ばれ、いきなり3失点。
それでも2回、ゲレーロの12号ソロで反撃ののろしを上げた。
さあ、ここからという直後の3回、そんなムードを吹き飛ばした。
連打で無死一、三塁とされ、石原へのチェンジアップが暴投となり、まず1点。
2死二塁までこぎ着けたが、野間、菊池、丸に3連続適時打を許し、たまらず由伸監督が交代を告げた。
次の攻撃は内海の打順から。
代打策から反撃に転じることを模索していたベンチの、何とかこの回までは…という期待に応えられなかった。
来週は4試合しかなく、先発の座も不透明な状況となった。
序盤から大差を追う展開にはなったのはさらなる隙を見せてしまったこと。
7回には1死一、三塁から鈴木が併殺コースの投ゴロ。
だが一塁・岡本が山本からの送球を取り損ねた。
8回2死からはマギーがゴロを後逸。
いずれのエラーも失点につながった。
「こういう展開でもしっかり守らなくちゃいけない。
投手に申し訳ない。
2つともイージーミスだから」と、指揮官は厳しく指摘した。
今季ワーストの19安打を喫し、借金は3に。
勝負ごとに、勝ち負けという結果は出る。
全部勝つことは不可能だが、負けたとしてもそれは、万事を徹底した上でのものだったかどうかを由伸監督は求める。
まだ続く戦いにつながる試合を積み重ねなければいけない。

巨人・内海 無残8失点KO 自己ワースト&今季最短

「巨人5-10広島」(28日、東京ドーム) 序盤で試合のすう勢が決まった。巨人先発・内海が今季自己ワーストの8失点KO。
終盤には失策が絡んで失点を重ね、今季ワーストの被安打19で10失点。
高橋監督は「(内海は)勝負にいって負けたというところ」と表情を曇らせた。
【写真】アイドル スピードガン対決でどよめきの18キロ 今季の負け越しが決まっている広島戦。
投手陣が炎上しての敗戦が、またも繰り返された。
観戦した山口オーナーも「毎回似たような負け方をしている。
もうちょっと投手陣が踏ん張って抑えてくれないと、なかなか広島には勝てないですよね」と苦言を呈した。
残りは24試合となり「現実的な目標というのはあるでしょうね」と同オーナー。
Aクラス確保へ「残りもあるし、明日以降、また頑張っている」と期待を込めた。

巨人、今世紀初の「東京ドーム年間負け越し」危機

(セ・リーグ、巨人・高橋由伸監督(43)1988年の開場以来、年間勝率5割未満は2度しかない主戦場、東京D) 日本で最も伝統ある球団の指揮官としてきた。
異様な光景だった。
28日の広島戦(東京ドーム)で巨人の7回の攻撃が無得点で終わると、多くのG党が示し合わせたように席を立ち、出口に向かってスタンドの階段を上り始めたのだ。
対戦相手のお株を奪い、鯉の群れが一斉に滝登りを始めたかのよう。
だが試合展開を考えれば、よくここまで我慢したともいえる。
先発内海が初回に3点、3回も5点を失いKO。
得点は2回のゲレーロのソロ本塁打のみで、チャンスもなかった。
それでも9点を返し、最後まで応えた。
今季ワースト19被安打の惨敗で、対戦成績は5勝14敗1分となり、昨季の7勝18敗に近づいてきた。
さらに東京ドームでの今季戦績も26勝26敗とちょうど五分に。
ホームでの負け越しはすなわち、足を運んでくれるファンへの背信行為だ。
東京ドームでは過去30年間で2度だけ。
藤田監督体制で西武から清原が加入した97年(26勝34敗)と、第2次政権最終年の92年(28勝33敗)だ。
球団史上最長の2003-06年のV逸期間中ですら、ホームでは意地を見せてきた。
だが、平成最後の秋に21年ぶりの屈辱もあり得る情勢。
さしあたり天敵広島に残り4試合でいくつ勝てるか。

巨人・由伸監督が前田幸長氏に漏らした「9月反攻への苦悩と秘策」

【前田幸長 直球勝負】巨人が28日の広島戦(東京ドーム)に5―10と大敗を喫した。先発の内海が3回途中8失点でKOされ、投手陣は今季ワーストの19安打を浴びるなど大炎上。
今後に尾を引きそうな試合となってしまったが、これから巨人はどう戦っていくべきなのか。
高橋由伸監督(43)が本紙評論家の前田幸長氏に明かした胸中とは…。
広島の各打者のスイングの力強さには圧倒された。
広島の打者は「1球内角に来たから、次は外だろう」と割り切り、踏み込んできていたし、コースを読み切られてしまえば、実力者揃いの打線は見逃してくれない。
ただ正直、誰が投げてもある程度の失点は覚悟しなければならないのが今のカープ打線だろう。
それならない。
念頭には「リードよりも、打てる捕手を使いたい」との思いがあるからだろう。
自分はリード面より、捕手は打ってくれる制球に自信があるタイプではなかったので、正直に「自分はリード通りに投げられる方が助かった」と答えた。
また、この日の大城は広島に4盗塁を許した。
こうやってかき回されれば、ベンチは足を止めるため、小林を使いたくもなる。
だが自分の経験では盗塁は投手にも責任があり、それほど気には留めなかった。
また盗塁は必ず失点につながるものでもない。
その一方で、捕手が一死三塁で犠飛を打てずに凡退したものだ。
そんなこともあり、自分は打力重視の捕手起用は間違いではないと思っている。
もっとも投手陣はここまで打たれれば「捕手のせいだ」などと言い訳はできまい。
5点取る。
広島には打ち勝つしかないんだというベンチの意思を示すため、大城を使っていくことがチーム全体へのメッセージにもなる。
もうひとつ、巨人の悩みの種はリリーフのやりくりだ。
由伸監督も私との会話の中で「今季は取りこぼしが多いので」と苦笑いを浮かべていた。
同時に「9月は日程に余裕があるので…」というようなこともつぶやいていた。
具体的な名前こそ挙がらなかった配置転換も考えている様子。

輝星君はそれでも行きたい? 若手投手が育たぬ巨人の体質

注目のあの右腕は、やはり投げ抜き、金足農を準優勝に導いた吉田輝星(3年)の疲労を取ることを優先し登板を回避させた。
吉田は一塁ベースコーチを務めた。
27日には都内近郊のグラウンドで行ったものの、やはり一塁ベースコーチを務めるにとどまっている。
メディアによる「輝星フィーバー」はヒートアップする一方。
行きたいです」と発言し、球界に波紋が広がった。
例えば先発ローテーションである。
現在は菅野、メルセデス、内海、吉川光、今村の5人。
菅野は12年のドラフト1位で、翌13年以降に入団したローテ投手がひとりもいない。
この中では24歳と最も若い今村にしても11年の2位。
今年7年目を迎える中堅どころである。
救援陣をみても、開幕時の「勝利の方程式」は、10年1位の沢村、43歳の上原、マシソン、カミネロの4人。
現在の守護神はアダメスが務めている。
やはり13年以降に指名された投手は皆無なのだ。
15年1位の桜井を含めて13年以降に指名された投手は、先発でも中核を担えていないことになる。
■巨人の元投手が、これだけ出てこないのは異常です」とこう続ける。
「まず補強に頼る球団の方針が大きい。
毎年FAや外国人選手を多く獲得するため、せっかくドラフトで指名されても、他球団よりチャンスが少ないのは確かです。
巨人は基本的に「出てこられるものなら出てきてみろ」というスタンス。
もちろん、どこの球団にも競争はあるが、中でも巨人は高卒選手には厳しい環境です。
吉田は伸びのあるいい直球を投げるが、松坂のようにすぐに2ケタ勝てるタイプではない。
育成期間が必要になる。
球団が先発投手として育てると決めるなど、方針を徹底しない。
現在の二軍にはFA入団の山口俊がいる。
技術的な問題がある場合、「使えるようにして戻してくれ」と一軍から二軍の首脳陣に依頼がいく。
そうなると巨人では育成よりそっちが優先される傾向があります。
なにせ高い年俸を払っている補強組。
若手の指導は後回しになるわけです」 こちらも巨人OBで元投手が出てこないのは指導力のなさが原因」とこう言った。
「よくジャイアンツ球場に行って若手のブルペン投球を見るんです。
すると、すぐにスライダーやツーシームといった変化球を投げ始めます。
投球の基本は、右打者のアウトロー(外角低め)に糸を引く直球を高い確率で投げ込むこと。
今の巨人でこれができるのはエースの菅野くらい。
それなのに誰も継続してやらない。
二軍や三軍には投手コーチがたくさんいるのに、誰もやらせないんですね。
投手陣をまとめる斎藤(一軍投手総合コーチだった頃のエース。
今のコーチはあまり助言しないみたいですが、試合を見ている」とか「頭が突っ込んでる」と一言アドバイスすれば修正できるのに、と思うことがよくある。
コーチはなぜ言わないのか。
疑問です」 それでも吉田は「巨人に行きたい」か。
プロに行くなら、一考の余地はありそうだ。

広島3番丸&4番鈴木、アベック打点は今季19連勝

<巨人5-10広島が誇る3番丸佳浩外野手(29)4番鈴木が26号2ラン。
3回には連続適時打で計5打点を挙げた。
今季2人が同時に打点を記録した試合は19連勝。
広島は球団初の3連覇へのマジックを21に減らした。
1回1死二塁から3番丸が巨人内海の低めに落ちる緩いカーブを引き付けて右翼前へはじき返し、先制。
鈴木は直後の初球、外角低めのツーシームを右中間席に運んだ。
今季3、4番コンビが同時に打点を挙げた試合は負けなし。
19連勝と不敗神話は途切れなかった。
2人のバットで勢いづいた打線は、巨人内海を今季最短の2回2/3でKОした。
3回で早くも2桁安打に到達。
2人もそろって猛打賞を記録した。
鈴木は8月の月間41安打として、球団記録に王手をかけた。
若き4番は頼れる先輩に感謝した。
今季はともに負傷離脱がありながら、復帰後は中軸に定着。
2人で大きな得点源となっている。
出塁率、長打率でリーグ1、2位を2人で独占。
強打者の指標とされる10割を超える。
過去10年、セ・リーグでOPS10割超はDeNA筒香、ヤクルト山田哲ら7人(のべ9人)しかいない。
好調キープも、現状に満足しない。
丸は遠征先の宿舎で行われる若手中心の素振りに参加。
鈴木も宿舎の素振りだけでなく、球場入り後には全体練習前にブルペンで打撃練習を行った。
試合後も「課題はまだある。
次のステップに行けるよう克服していきたい」と表情を引き締めた。
緒方監督は「すごい攻撃陣をたたえた。
コイの中軸を中心に、月間負け越しなしのまま球団初の3連覇へ突っ走る。

広島マジック「21」、DeNAはソト2発で最下位脱出…セ28日はどうなった

ヤクルト小川は7回無失点の快投、巨人は内海が炎上で敗戦 プロ野球は28日に6試合が行われ、セ・リーグは順位の入れ替わりがあった。DeNAと中日の下位2チームが対戦し、DeNAが5-3で勝利。
中日が最下位に転落した。
DeNAはソトが2本塁打で3打点。
同点の7回には嶺井が勝ち越しソロを放った。
3番手の石田が2回無安打4Kの快投で3勝目。
山崎が27セーブ目を挙げた。
中日はガルシアが7回3失点の粘投も黒星。
9回には平田の適時打で2点差に迫った。
【セ・リーグの最新順位表&チーム成績詳細 2位ヤクルトは1-0の“スミ1”で阪神を下した。
初回に山田哲の適時二塁打で先制。
8回は石山とつないで完封リレー。
小川は6勝目を挙げた。
阪神は岩貞が7回5安打1失点と好投も打線が援護できなかった。
首位広島は巨人に10-5で勝利。
10-1と9点リードで迎えた9回に今村が1死も奪えずに4失点も、最後はフランスアを投入して逃げ切り。
2位ヤクルトが勝った。

広島・誠也、3安打3打点で巨人粉砕!球団記録月間42安打に王手

鮮やかな一発が猛攻への号砲だった。
先制打の丸を1死一塁に置いた初回。
初球の137キロ外角ツーシームを振り抜くと、打球はG党でオレンジに染まる右中間席に吸い込まれた。
内海の出はなをくじき、打線を勢いづける26号2ランだ。
「甘い球が来たら振っていたけど、たま。
丸さんが打って12本目のアーチ。
それだけじゃない。
これで月間安打数は41本。
78年8月の水谷実雄、04年4月の嶋重宣がマークした42本の球団月間最多安打にあと1本に迫った。
好調の裏側には、試合で使う“相棒”の変更があった。
バットの材質を、今月に入って比較的柔らかいホワイトアッシュから硬いメイプルに替えた。
両翼を担う丸がそうであるように、鈴木も元来はホワイトアッシュ派。
打撃練習では、独特のしなる感覚を体に覚え込まそうとアッシュを使い、試合で反発力の高いメイプルに替える。
それが好結果につながっているのでは…と自己分析する。
三塁打の期待が懸かった7回の第5打席は投ゴロ、9回は空振り三振に終わり、惜しくもサイクル安打はならず。
「三塁打を打ってケガするよりは良かった」。
冗談を飛ばしつつ「最後はいただけなかったので、また明日頑張ります」と冷静な分析も忘れなかった。
「一人一人が打席をムダにすることなく、最終回まですごい攻撃をしてくれた」。
今季最多に並ぶ毎回の19安打10得点の大勝に緒方監督は満足そう。
その中で、3安打3打点を挙げた4番打者の働きはキラリと光る。
「今の成績に満足はしていません。
次のステップに進むために課題を克服しないと」 8月は3試合を残しており、鈴木の球団月間最多安打更新は時間の問題だろう。
ヤクルトが勝ったため、優勝へのマジックは1つ減って21。
向上心にあふれ、凄みを増す24歳のバットがチームを3連覇へとけん引する。

ネットの反応

2018.08.28 巨人対広島 ももクロデーでした~ 友人と10年振りで再開! 野球のお誘いに感謝(。・_・。)ノ 内海炎上も斎藤コーチ見れて((o(^-^)o)) #ももクロ #読売ジャイアンツ #広島カープ instagram.com/p/BnDgqxwH8cN/…
 
ヴィーノ@BlueVino_Mj
 


そういえば昨日、内海から3回までに7点取った広島さん。かたや内海に完封負けしたうちの子たち。もうほんと、そのままゲーム差に表れてるよね、これが実力の差だよね・・・てなことを昨日広島×巨人戦見てて思った。いいんだ、いいんだよ別に。 #baystars
 
野球好きオッサン@bbossans
 


巨人だと私は小林誠司の顔が好きです。(にわかの中のにわか) 特にどこファンでもないですが、今度から内海投手を見るときはヨウヘイさんの分まで応援しますね👍🏻
 
小梅🌻@book_xoxo
 


むしろうちは左腕ばかりなんですよねえ(内海、今村、メルセデス、みつを) 左打者が左をカモにするんだよなぁ(巨人は除く
 
たくろー@takuro_fk
 


広島10得点快勝!ジョンソン10勝、巨人内海4敗(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-… @YahooNewsTopics
 
カープファン@hirosimamaeda
 


“異質の元エース” 巨人・内海哲也が持っている力とは(文春オンライン) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…
 
高橋大輔@daisuke_1118
 


しかし、内海投手がダメなのか、カープが強すぎるのか。3回で8失点。これじゃ巨人ファンが可哀想と今村9回に5点献上。嫌味だなあ。バイスサワー飲みながらiitocoで。 #カープ #iitoco #バイスサワー
 
papa@PapaKazugoto
 


内海は来年も現役続けるとは思うけど、若手・中堅は彼に一軍で出番与えないように頑張らなアカンわ。 #巨人 #ジャイアンツ
 
奮輝!G党@ahoKan_ahoHC
 


とりま 巨人がウチに勝てない訳は小林のリードのせいじゃない って事は昨日の試合でも理解できたよね 内海のせいでもないよ 多少甘い球はあったがピンチでもコースに投げ分けていた インアウトの難しいボールをミートしたウチの打線が一枚上なだけ
 
美咲@いいセンスだ@G__Blue
 


と言い…ウツボット(G内海)って…いつからいつぞやのピッチャーになった? 【巨人】内海、今季自己最短2回2/3、8失点KO「自分が悪い」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-… @YahooNewsTopics pic.twitter.com/t3PSRcytpU
 
西山希望+ゆの@yuno2_743
 


【記録達成】 巨人内海哲也、昨日で通算100敗 pic.twitter.com/XxxNup4So0
 
緋い鯉人@kamitteruuuu
 


コメントは受け付けていません。