マエケン 痛恨!

ネットの反応

あーあこれはひどいというかマエケンだけが悪くないような気はする
 
マック彡(゚)(゚)@teammacs2
 


マエケンのアホのせいで首位陥落
 
もつ煮@marine_near
 


マエケン痛恨9敗目 決勝3ラン被弾で首位陥落 nikkansports.com/baseball/mlb/n… @nikkansportsさんから
 
ふくださん@fukudasun
 


マエケン3失点して敗戦投手やんと思ったらなんだこの起用法
 
らっかー🍆🦇@rakkaton
 


停電するわ、それが明けた途端にマエケンがスリーラン打たれるわ 散々である… あの小刻み継投は何やってん?そこのしわ寄せが マエケンの2イニングに繋がり…そもそもリリーフに回されてる とこからして、ぶつぶつぐちぐち… 斎藤隆はもっと言うたれ!
 
たこわさび@ripple0141
 


メッツ勝ったわ マエケン残念だったね💧
 
リューチャン@diDvEDkJEk3ifEs
 


マエケンが大炎上してしまった。。。
 
けいてぃ(24)🤠🤠🤠🤠🤠🤠@KT093018
 


マエケン…
 
ヌル@1024x
 


マエケンが3ラン打たれてつらい、、、 なんとか味方が巻き返してほしいものだけど・・・😅
 
狸庵@mmtanuki
 


マエケンさぁ
 
つけもの@q5_iv
 


ぐわあ!マエケンさん9回に3ラン被弾😑
 
シマリス@ryan1020ryan
 


マエケンが燃えた
 
ムエタイX@MuayThai_X
 


中継ぎ7回に使い果たしてマエケンを回跨ぎさせるのはかわいそすぎた
 
シンジ@大ドカンアーイ@shin_boc_astro
 


マエケンを引っ張って2イニング目でホームラン打たれたか。あれだけ細かい継投だったのに、なんで引っ張ったのか #mlbjp
 
赤城(おつかれsummer)@akaginorikmiin1
 


マエケン痛恨9敗目 決勝3ラン被弾で首位陥落

<ドジャース前田1-1の8回に登板。
まずは相手のクリーンアップを3人で片付けた。
しかし2イニング目となった。
先頭のブルースに右二塁打。
送りバント、死球で1死一、三塁。
代打ニモを追い込みながらも低めスライダーを打たれ右翼席へまさかの勝ち越し3ランを許した。
前田はここで降板した。
1回1/3を投げ2安打3失点。
防御率は3・95。
ドジャースは痛い1敗。
0・5差を付けていた2位ロッキーズが勝ったため首位の座を明け渡した。

マエケン、しっかり者の娘(4)にたじたじ 置き手紙に「気をつけます」

95人がプロ入りした。早稲田実業対駒大苫小牧の決勝戦延長再試合。
あの試合も、観ていたい」と思うくらいなので、やっている側でさえ「もっと観ている側は最高だったでしょう。
県予選で敗退し、テレビで観ているのを見て、非常に力づけられました。
さて、その第88回で活躍した選手たちは1988年生まれ。
俗に言う、「88世代」と呼ばれました。
その年2006年のドラフトと大学・社会人ドラフトと大学・社会人ドラフト会議は、高校生ドラフトが別々に行われ、高校生が指名されました。
その中で僕は32番目。
そんな2007年入団の88世代は、12年経って13名になりました。
12年もプロ野球でプレーをしていること自体に心からの尊敬があります。
同級生に色々思いもありますが、今回はあえて彼らが最も分かりやすく評価されている指標、「年俸」から見てみましょう。

ドジャースタジアムで日本人投手が競演 マエケン1回ゼロ封8勝目 平野が1回3者連続K

防御率は前田が3・76。
平野は2・05となった。
試合はドジャースが3-2で逆転勝ちした。
5万2000人を超えるファンが詰め掛けたドジャー・スタジアム。
まずは平野がドジャース打線に立ちはだかった。
2点リードの6回にマウンドを託されると、まずは4番ケンプを見逃し三振。
続くフリースを3球三振に仕留め、6番ヘルナンデスからも空振り三振を奪ってマウンド上で仁王立ち。
3者連続三振の完璧な投球で敵地を黙らせた平野は「キャッチャーがいい配球をしてくれた」と冷静な表情で振り返った。
平野に負けじと、前田も快投を演じた。
2点ビハインドの8回。
先頭のソーザ、続くポラックから連続三振。
2死からは今季31本塁打を放っているゴールドシュミットを力ない左飛に打ち取り、たった11球でダイヤモンドバックスの上位打線を料理した。
チームは前田の好投に応えるように、直後に4番ケンプが3ランを放って逆転勝利。
3者凡退で終えることができて、チームに流れを持っていくことができた」と大きく胸を張った。
この日のドジャースの勝利で、両チームは74勝62敗で並んで同率の首位。
8勝目を挙げて劇的勝利に大きく貢献した前田は「今は(自身の)勝ち星が大事ではない。
(チームにとって)いい勝利になった。
残り1カ月、最終的に一番上にいられるように頑張るだけ」と、勝負の9月を迎えて意気込みは十分。
 貴重な“勝利の方程式”としてチームを支える平野も「(マウンドに)上がったときは、そういうの(優勝争い)は考えない。
自分の投球をするだけ。
一つ勝つことが大事」。
優勝争いが熾烈を極める中、ブルペンを支える両日本人右腕の投球から今後も目が離せない。

マエケン救援で8勝目「いい流れを」地区首位タイ

<ドジャースタジアム【写真】ダイヤモンドバックス戦で0-2の8回に2番手で登板。
1番からの相手打線を11球、2三振を含む3者凡退に抑え、その裏に味方が逆転し勝利投手となった。
チームはこれでダイヤモンドバックスと並ぶ地区首位。
前田は「いい流れを持っていけた。
(チームが)最終的に一番上にいられるように頑張るだけ」と話した。

マエケン2K8勝 7月15日以来の白星「負けている展開でもしっかりと」

◇ナ・リーグ ドジャース3―2の8回に登板して3者凡退に抑え、裏の攻撃でケンプの逆転3ランを呼んだ。7月15日以来の8勝目に「去年のポストシーズンから僕が抑え、裏の攻撃でケンプの逆転3ランを呼んだ。
チームはダ軍と並び地区首位に浮上。
今季途中に先発から転向し、3年連続の2桁勝利達成は微妙だが「勝てるに越したことはない。
最終的に一番上にいられるように頑張るだけ」と先を見据えた。

コメントは受け付けていません。