原辰徳さん、菅野&坂本勇の活躍に「チームに勇気と希望を与える」…特別観戦記

◆巨人5―0ヤクルト(22日・東京ドーム)  巨人軍前監督の原辰徳氏(60)が、スポーツ報知に特別観戦記を寄せた。
チームの投打の軸が奮闘してつかんだこの1勝は、チームに勇気と希望を与えるものだろう。巨人は残りが8試合になった。私が監督として開幕を迎える際「どのチームも必ず苦しむ時が来る。」
我々は早く苦しんでシーズン終盤を落ち着いて戦い、12球団で一番長く野球をやって喜ぼうとナインに伝えてきた。選手の調子が整わないこともあるだろうし、首脳陣も打順や先発ローテーションなどいろいろ試す部分もあり、うまく回らずに苦しむ時期が来る。ただ、それは必要な苦しみで、すんなり進むシーズンはない。
そのうち打順も固定してくるし、ローテも固まる。選手個々の調子も落ち着き、夏場を過ぎて落ち着いた戦いができるチームが現在も苦しんでいる。
3位以下はCSに出られる可能性もあれば、最下位もある。その心境を察するや、想像もしたくない厳しさがある。今年の巨人はけが人も出たし、調子が落ち着かない選手も多くいる。
この日も二塁にマギーを起用するなど最終盤になっても打順は固定できていない。だがもう、仕方ないし、それを嘆いている時間はない。日本一になる可能性が残っている今、もがいてつかまなくてはいけない。
剣が峰、土俵際と表現はいろいろあるが、負けたら終わりの高校野球と状況は同じだ。目の前の1球、1打席、そして1勝にとことんこだわるしか突破口はない。月並みだが形にこだわらず死力を尽くし、どのチームよりも長く、野球をやってほしい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。