巨人・岡本、死球後初安打22打席目 阿部の先制打につなげた

「阪神-巨人」(23日、甲子園球場)  巨人の岡本和真内野手に、9月14日のDeNA戦で右手に死球を受けて以来、22打席目(うち3四球)でようやく安打が出た。
岡本は9月は絶好調だったが、DeNA戦で死球を受けてから急変。厳しい内角攻めに体の開きが早くなり、調子を落とした。2日連続での雨天中止を生かして、打撃フォームを確認するなどしていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。