<福浦2000安打>「1打席も無駄にせず」一問一答

プロ野球・ロッテで通算2000安打を達成した福浦が試合後、記者会見に臨んだ。
--2000本目を打ち、二塁上で何を考えていたか。◆無意識に二塁まで走り、わけが分からなかった。--前日に王手をかけてプレッシャーはあったか。
◆毎回声援がすごくて、ちょっとプレッシャーになったが、ファンの方はどんな時でも本当に応援してくれるので力になる。--同点の八回に迎えた打席での思いは。◆西武で同じ年齢の松井君の前で打ちたかったし、これだけたくさんの方が見に来てくれたので、何とかあの打席で決めたかった。
--投手として入団し25年目での達成。◆正直、2000本は厳しいと思っていたし、まさかここまでやれるとは思っていなかった。球団や首脳陣が後押ししてくれた。
選手や裏方さんも含め、たくさんの人に支えられて達成できた。--25年で大切にしてきたこと。◆プロ4年目で初めて1軍に上がってから、1打席も無駄にしないでやってきた。
--地元で生まれ、地元のチームで達成できて幸せ。
--今後の目標は? ◆本拠地で井口監督を胴上げしたい。今いる選手ともっと喜びを分かち合いたい。来季以降もやるつもり。
もっと若手に教えて、自分自身もしっかりやりたい。--福浦選手にとってヒットとは。◆難しい質問ですね。
引退までに考えておきたいと思います。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。