東大・辻居新平外野手、足も魅力の切り込み隊長 元阪神スカウトの目

元阪神スカウトの菊地敏幸氏は今春に引き続き、東大・辻居新平外野手(3年・栄光学園)の力強いスイングに注目している。
第2週・立大とのカードでは2試合で5安打をマークし、復調気配を漂わせる。第3週を終えて5盗塁はリーグトップ。積極走塁も高い。
「自分がチームを引っ張ってまず1勝に貢献してほしい」という同氏の期待に応えられる日は近いかもしれない。◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。
ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。
13年限りで阪神を退団した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。