法大・中山翔太内野手、六大学屈指の長打力に注目 元阪神スカウトの目

元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、法大・中山翔太内野手(4年・履正社)のスラッガーとしての素質を認めた。
ただ、今秋ドラフトでプロを目指す上で課題も少なくないと指摘する。「プロの一流のピッチャーは内角に厳しいボールを投げてきます。ストレートの力も違います。」
その辺を克服することを意識してほしいと、必要なのは確実性の向上だ。守備でも複数ポジションをこなしてほしいと期待した。「いまのパワーを忘れずにと長所を残しつつ、弱点をなくしていけばプロでも活躍できる可能性は秘めている。」
◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。
89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。