広島・中崎 45年ぶりの快挙 3年連続胴上げ投手

「広島10-0ヤクルト」(26日、マツダスタジアム)  広島・中崎翔太投手が、3年連続胴上げ投手となった。
最後は山田哲を仕留め、歓喜の瞬間を迎えた。3年連続の胴上げ投手は71年~73年の巨人・高橋一三以来、45年ぶりの快挙。仲間にもみくちゃにされ、両手を突き上げて喜びを爆発させた。
今季は8月8日の中日戦で球団史上4人目の通算100セーブ。シーズン終盤に入って調子も上昇し、2年ぶりの30セーブもマークした。いまや、球界を代表する守護神に成長。
チームになくてはならならい右腕が、歓喜の輪の中心となった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。