「我が道を行く」―広島菊池に単独インタビュー、名手が明かす“守備の流儀”

セ・リーグで史上2球団目の3連覇を達成した広島カープには、世界に認められた日本最高の名手がいる。
魅せる守備と安定感を両立させた菊地はFull-Countの単独インタビューに応じ、最強ディフェンダーの流儀について語ってくれた。ボールはカラダの正面であえて捕球しない――。日本野球のセオリーとは無縁に見えるスーパープレーでスタンドを沸かせる菊地だが、「忍者守備の原点はプロ入り前にあったという。」
「大学の時点では本当に自由にやらせてもらっていた。サードから始まって、ショートになったけれど、“こうしなさい”と指導されたことはなかったですね。とにかく自分で考えました。」
二遊間のゲッツーの時とかも「こうする方が早いか」と考えながらグラブトスをやっていた。感覚的な部分は大学時代から持っていたものでもあります。遊びながらやっている感覚でしたね。
自分でずっと考えながら、試行錯誤だった。そこで考える力、そういったアプローチがベストなのか、発想というか、そういう感覚は養えたんじゃないかなと思います 菊地が遊撃手として大学ナンバーワンという評価を手にした中京学院大の野球部は、放任主義だったという。
菊地にあれこれ指導する存在はいなかった。ノックを受ける回数も、高校時代から激減したという。その代わり、菊地は自分で理想の守備について考え抜いた。
サードからショートにコンバートされる中、どうやって効率的にアウトを取るのかを突き詰めた。頭に浮かんだイメージを、守備動作に落とし込む。手本はないゆえに、カラフルな発想力が育まれた。
グラブトスなど創造性溢れるプレーの下地は、この4年間で培われたのだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。