【DeNA】乙坂、中堅守備でランニング本塁打献上の痛恨のミスもその後、意地の同点打

◆阪神3―4DeNA(27日・甲子園)  DeNA・乙坂智外野手(24)が27日の阪神戦(甲子園)、2点をリードした5回2死一塁の守備でミスを犯した。
ラミレス監督のリクエストでも判定は覆らず、一時同点とされ、乙坂は頭を抱えるしかなかった。乙坂はこの場面について「申し訳ない。捕ったと思ったけど、ギリギリのプレーだったのでジャッジを聞いて判断しないといけなかった」と反省しきりだった。
しかし、その後7回1死一、三塁の第3打席では執念の右前同点打。ラミレス監督は「ランニング本塁打が出た後(中堅手を)桑原に代えようと思って準備をしていた。でもちょっと考え直して、もう1打席、乙坂に打たせようと思ったのが功を奏した」と説明。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。