ロッテ 根元、金沢が現役引退「いい野球人生でした」

ロッテは27日、根元俊一内野手(35)と金沢岳捕手(34)が現役引退すると発表した。
通算成績は837試合、打率・250、31本塁打、204打点だった。また、金沢は栃木・矢板中央から02年ドラフト6巡目で入団。正捕手を獲得することはなかったが、16年間、息の長いプロ野球人生。
通算成績は176試合、打率・232、1本塁打、27打点だった。▼根元コメント この13年間、沢山の方の協力、支えがあってここまでやることが出来ました。今はただ、ただここまで支えてくれた皆様への感謝の気持ちで一杯です。
いい野球人生でした。▼金沢コメント 最高のファンの皆様と一緒に16年も野球をすることが出来て本当に幸せでした。今はとにかく感謝の気持ちで一杯です。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。