阪神大山、同点の“珍”ランニング本塁打 乙坂がノーバウンド捕球と勘違い

「阪神-DeNA」(27日、甲子園球場)  阪神・大山悠輔内野手が、同点の11号ランニング本塁打を放った。
大山は全力疾走を緩めず、ダイヤモンドを一周した。この際、乙坂はノーバウンドで捕球したと勘違い。この際、乙坂はノーバウンドで捕球したと勘違い。この際、乙坂はノーバウンドで捕球したと勘違い。
インプレーであると気づいた時には、すでに遅かった。ラミレス監督はリプレー検証を要求。だが、判定は覆らず、ワンバウンド捕球と判定された。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。