ソフトバンク、怒涛の猛攻で3回に同点 対鷹18戦未勝利の菊池つかまる

■西武 – ソフトバンク(28日・メットライフ)  ソフトバンクが試合を振り出しに戻した。
これを一塁・山川が処理を焦って悪送球(記録は内野安打と失策)し、無死二、三塁のチャンスを作った。続く川島の二ゴロに。だが、折れたバットが二塁・浅村に向かって飛んで行ったために、浅村は後退しながら打球を処理。
柳田の足が勝り、ラッキーな形で適時内野安打となった。さらにデスパイネが左翼線二塁打で続き、中村晃が左前適時打で同点となった。さらにデスパイネが左翼線二塁打で続き、中村晃が左前適時打で同点となった。
初回から3点の援護をもらったものの、簡単には初勝利にはたどり着けないようだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。