代走稼頭央にファン大歓声 西武に劇勝呼んだ!「最後はうれし涙で終わりたい」

◆西武7-5ソフトバンク(27日・メットライフドーム)  今季限りで現役を引退する西武の松井稼頭央外野手(42)が“劇勝”を呼び込んだ。
「秋山はさすがやね。(打った瞬間)入ると思った」と興奮口調だった。試合前にはメットライフドームで会見を開き、ライオンズでの“初栄冠”を25年間にわたる選手生活の集大成にしたい考えを明かした。
言葉に詰まる場面はあったが、笑みを浮かべながら「最後はうれし涙で終わりたい。(その時は)日本一です」とうなずいた。「走攻守の三つが重なって「松井稼頭央」だと思ってやってきたと振り返った松井は、ユニホームを脱ぐ決断に至った経緯について「(15日に出場選手登録を)抹消になり、考える時間があった中で、そろそろやめる時が来たな、と思ったと語るにとどめた。
楽天時代の2013年に経験したが、前回の西武時代(1994年から2003年)は日本一の美酒を味わっていない。15年ぶりに復帰した古巣で巡ってきたラストチャンスに「胴上げしてもらっている姿を(ファンに)見てもらいたい」と自身も脳裏に描く。今年に入って目の衰えを感じたという松井は、発注していた眼鏡をこの日からかけてプレー。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。