陽岱鋼と吉川光、北海道地震の被災地に計700万円を寄付

巨人は28日、北海道胆振東部地震で大きな被害を受けた被災地支援のため、陽岱鋼外野手が500万円、吉川光夫投手が200万円をそれぞれ社会福祉法人「読売光と愛の事業団」を通じて寄付すると発表した。
いつも温かく支えてくれたファンの中にもつらい思いをされている方が多くいらっしゃるかと思うと本当に心が痛いです。台湾から来日して一番長い時間を過ごした北海道は、妻が生まれ育った地であり、私にとっても故郷です。
「そこで大きな災害が起きたことにとても心を痛めています。微力ではありますが、今後とも自分にできることをしっかりとしていきたいと思います」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。