<プロ野球>岩瀬1000試合登板 江夏さんも偉業たたえる

前人未到の通算1000試合登板を成し遂げた岩瀬は、尊敬する投手に阪神などで通算829試合に登板した同じ左腕の江夏豊さん(70)を挙げる。
誰もやっていないことだと声を掛けていたという。一方、岩瀬は「江夏さんの言葉で、自分なりに頑張らなければいけないと思った」と振り返る。救援投手は試合の展開次第で、肩を作り、出番に備えなければならない。
ここ数年、岩瀬は中継ぎで起用されることが多く、中継ぎは先発や抑えのように成績で評価されにくい部分もある。江夏さんは「投手といえば勝ち星やセーブ数で評価されやすい。そういう意味でも、(岩瀬の1000試合登板は)本当に大きな記録」と拍手を送る。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。