【中日】岩瀬、前人未踏の1000試合登板「歓声が響いた」…会見ほぼ全文(1)

◆中日4―3阪神(28日・ナゴヤドーム)  中日の岩瀬仁紀投手(43)が前人未到の1000試合登板を達成した。
今季限りでユニホームを脱ぐプロ野球最年長選手に思いの丈を聞いた。(ヒーローインタビュー) ―1000試合登板。「そうですね。」
まさかここまで来るとは思わなかったですけど…(落涙)長い道のりでした ―6回の決勝点は代打・荒木の二塁打が起点。「荒木がああやって打ってくれて、頑張ってる姿を見せてくれたので、自分も頑張ろうと思いました ―出番は9回。」
1点差の場面。「1点差で僕を出してくれたのは今年初めて。最後はしっかり頑張れたと思いました ―先頭の糸原に死球。」
「先頭を出したときはどうなってしまうんだろうと思いましたが、ひとりひとりしっかり打ち取っていこうと切り替えました」 ―98年ドラフトの同期生、元中日の福留も一ゴロに仕留めた。「(福留)孝介とはね。同期でやってきたので…。
思うところはありました(また落涙)最後は打ち取れて良かったです ―ファンの声は届いたか。「やっぱりこのマウンドというのは、きょうの歓声というのは、自分の中ですごく響きました (会見) ―胸に去来するものは。」
「1年目、あの開幕(1999年4月2日の広島戦でデビューし、1死も取れず降板)からスタートして、ここまで来るのは非常に長かった。やっぱり(2014年頃に)肘を痛めて投げられなくなってからという、そこからの道のりが一番大変だったかなと思います」 ―1000試合のうち一番の思い出は。「今聞かれたら、“きょう”になってしまうんですけど。
まあ、最初か最後かという感じですね ―森監督に「リードしている場面でクローザーとして起用する」と言われたのか。「(以前から)特別、言われてはなかったんですが、きょうは「9回、岩瀬でいく」って言われたんで。点差が点差だったので、久々に足が震えました ―記念のマウンドを振り返って。
「マウンドに向かうとき、大歓声をいただいて、鳥肌が立ちそうでした。でも、そこから投げなきゃいけないので、ひとりひとりしっかり投げていこうという気持ちで迎えました。先頭(糸原)をいい形で追い込んだんですが、まさか死球を与えるとは思わなかった。」
走者を出してからは、もう一度切り替えて対戦していこうと思いました ―少し時間がたち、あらためて今の気持ちは。「いつも節目には弱い(900試合目の登板だった16年8月6日のDeNA戦は1死も奪えず3失点KOで敗戦投手)ので、きょうだけは、運が向いてくれるように願いました」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。