オリックス山岡が7勝目 若月5打数5安打「びっくり」先発全員今季最多18安打

「ロッテ1-7オリックス」(29日、ZOZOマリンスタジアム)  先発したオリックスの山岡泰輔投手が7勝目(12敗)を挙げた。
その後も攻め手を緩めることなく、この回打者10人で6安打を集中して4点を先制した。二回には、中島のタイムリー、その後も攻め手を緩めることなく、この回打者10人で6安打を集中して4点を先制した。
ちょっとびっくりしていますと振り返り、山岡については「両サイドのコントロールが良かった」と称えた。ロッテは試合再開直後の二回、井上が22号ソロを放ったが、得点はこの1点に終わった。先発・石川は6回を14安打、6失点と誤算だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。