中日岩瀬、偉業に涙「感情が高ぶりました」一問一答

<中日4-3阪神>◇28日◇ナゴヤドーム 史上初の1000試合登板を達成した中日岩瀬仁紀投手(43)の試合後会見の一問一答は以下の通り。
点差が点差で、久しぶりに足が震えた-打者4人と対戦「マウンドに向かうときに、大歓声をいただいて、鳥肌が立ちそうだった。そこから投げないといけない。1人1人しっかり投げないといけないと思った。」
先頭にいい形で追い込んだけど、まさかデッドボールを当てると思わなかった。走者を出してからは、もう1度気持ちを切り替えて、1人、対戦していこうと思った-終えてみてどうか「いつも節目には弱い。今日だけは、お願いします、というか、今日だけは運が向いてくれるように願った」-去年のプロ野球新記録の950回登板も、今日もセーブがついた「そこで使っていただいた監督に感謝したい」-お立ち台では涙もあったが「率直にうれしかった。
ちょっと感情が高ぶりました-2018年の1000試合登板への重圧は「そんな重圧はなかった。」
自分の中では、絶対到達しようと思っていた。ケガなく来られて良かった-球界最年長の肉体面の強さは「肉体的に強いと思っていない。支えてくれたトレーナーや、コンディショニングコーチ、治療していただいた方々に感謝したい」-故障を乗り越えての達成はどう思っているか「投げられなかったときは、1000どころか引退もよぎった。
とてもここまで来られるとは思わなかった-引退から立ち上がれた要因は「応援してくれる人たちと、支えてくれる人たちがいた。ここまで来られた」-精神面の強さは「いろいろな経験をした。マウンドに上がれば、スイッチが入るというか、もう1人の自分が出て来る感覚があった。
毎日投げるのは怖かったが、マウンドに上がって気持ちを切り替えた-今日は若い人たちからマウンドでバトンを受けたが「今年1年は投手が苦しんだ。最後はああいうふうにつないだ。自分もしっかりつなごうという気持ちで投げた」-森監督への思いは「監督とは長い時間やってきた。
いいときも悪いときもあって、その中で自分を信頼して使ってきてくれたことに、感謝しています-試合後に乾杯したそうだが「チーム全員で1000試合のお祝いで乾杯をさせていただいた」-1000試合以降は「まだ残り試合あるので、しっかりやりたい」-足が震えた記憶は「いつもマウンド上がるときは、すごく緊張している。なかなか足が震えるまではいかなかった。(過去に)記憶がない」-優勝の瞬間や、日本代表として登板したが、涙することはあったか「覚えていない」-涙は驚いたか「まさかこういう舞台で使ってくれるとは思ってなかった。
ましてや1点差の場面だったので。感情が出た-うれしかったのか、ホッとしたのか「両方です」-福留との対戦はどうだった「いつも孝介との対戦は、同期で入って、いい思いもつらい思いもたくさんしてきた。
対戦するようになって、特別な空間というか、互いに意識しながらやってきた。孝介だけは別な思いがあった-次の目標は「目標の位置に掲げてなかった。あくまでも今年1年やれば、通過できるという気持ちでやっていた。」
達成できたので、次の登板に向けてしっかり、調整したい-1001(仙一)という数字への思いは「そうやって言われるので、すごく、逆に思いとか…。こじつけてはいけないのではと思う」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。