【MLB】元Gマイコラスに「年俸36億円」の価値 米復帰1年目の大活躍に絶賛の嵐

巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手は29日(日本時間30日)、今季最終登板となった敵地カブス戦で8回5安打1失点と快投してリーグトップタイの18勝目(4敗)を挙げた。
米データサイトが、マイコラスにメジャーの超エース級と同じ3180万ドル(約36億1500万円)の価値があると算出していることを伝えている。88勝73敗と貯金15のチームの中で、1人で貯金14を作ったマイコラス。名門カージナルスは今季不振の選手が多かっただけに、メジャー復帰1年目の右腕がいなければ、ここまでプレーオフ進出を争えなかった可能性が高い。
最終日を残して防御率はリーグ5位の2.83。投球イニングも、メジャーで一流投手の目安の1つとされる200イニングの大台に到達(200回2/3)した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」では「カージナルスはポストシーズンに進出できなかったが、マイルズ・マイコラスは自分の価値を示した」とのタイトルで特集を組み、「マイルズ・マイコラスは日本での3シーズンがいかに大きかったかを特筆している。
今季のマイコラスを一言で表現するなら「安定」という言葉が最も当てはまるかもしれない。32試合に登板して、四球は規定投球回到達者でメジャー最少の「29」で、9イニングあたりの四球率「1.3」もリーグトップ。テンポよくストライクを投げ込み、ゲームを作る――。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。