どうなるセ3位争い? 巨人&DeNAが同率3位 阪神は崖っぷち

混戦のセ・リーグAクラス争い。
DeNAに並ばれ、3位タイとなった。12年ぶりのシーズン負け越しも確定。前夜、DeNAとの直接対決をサヨナラ勝ちで制したが、勢いを生かせなかった。
阪神は不調に苦しんできた藤浪が2年ぶりの完封勝利。チームの連敗を3で止め、3位とのゲーム差も「3」に縮めた。リーグ最多11試合を残しており、崖っぷちでCS争いに踏みとどまった。
台風接近が予想される30日は中日-阪神(ナゴヤドーム)の中止がすでに決定。ヤクルト-DeNA(神宮)も厳しい状況だ。DeNAは9月に入って、ラミレス監督が短期決戦仕様の“マシンガン継投”を駆使して白星を量産。
雨天中止で、登板過多となっていたリリーフ陣にはいい“休養”となる。また巨人より3試合多く、自力でAクラスを決める可能性も残す。ただ残りは広島と1試合、阪神と3試合。
全て負け越している3チームとの7試合で、底力が試される。巨人は残り4試合。3位にいるものの、自力でのCS進出の可能性はなくなっており、厳しい立場であるのは間違いない。
残りは5勝17敗1分けと大きく負け越している広島と2試合、ヤクルトと1試合、阪神と1試合、ヤクルトと1試合。日程に余裕があり、菅野、メルセデスをフル回転することも可能。
CS進出チームを決定するのは10月11日まで。5位阪神は30日の中止で空き日が消滅。ダブルヘッダーの可能性も出てきており、日程的に最も過酷だ。
打線の軸である糸井も離脱し、崖っぷちに追い込まれている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。