マジック1の西武、2位ソフトバンクともにリード許す このままなら西武10年ぶりV

■日本ハム – 西武(30日・札幌ドーム)  優勝へのマジックを1としている西武が、2点のビハインドを背負った。
10年ぶりの優勝をかけて、仕切り直しの一戦となったが、3回、先発のウルフが鶴岡を四球で出塁させると、中島卓の犠打と大田への四球で出塁させると、中島卓の犠打と大田への四球で2死一、二塁に。続く近藤の打球は、三塁線へのゴロに。
これを一塁の山川が弾き、ボールが点々としている間に横尾が生還して失点。5回を終えて4点のビハインドを背負っている。
29日に敵地で勝ち、目の前での胴上げを阻止したソフトバンクは本拠地ヤフオクドームに戻り、ロッテと対戦。先発の大竹が4回、まず早稲田大の先輩の中村にソロ本塁打を浴びて先制点を献上。さらにヒットと2四球で無死満塁とされ鈴木に2点適時打を許して3失点。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。