巨人、4点差追いつくも12年ぶりシーズン負け越し

<巨人7-8広島>◇29日◇東京ドーム 巨人が接戦を落とし、12年ぶりのシーズン負け越しが決まった。
だが先発今村が広島打線を警戒するあまり、四球を出して自らの首を絞めた。5回無死満塁でアダメスにスイッチ。だが育成出身右腕も押し出し四球で同点とされ、3連続適時打などで一挙に5点を奪われ、劣勢の展開となったのが響いた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。