巨人-広島 田中兄弟が存在感 適時打の弟に負けじと兄が同点2ラン

「巨人-広島」(30日、東京ドーム)  巨人、広島でレギュラーを張る田中兄弟が、ともに活躍した。
一方、広島不動の遊撃手、広輔も負けじと存在感を発揮した。五回、1死から大瀬良が右前打で出塁。打席に入った広輔は初球の甘く入ったスライダーを仕留め、右翼席へ運んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。