大谷 メジャー1年目を総括「毎日楽しくできた」「まだまだうまくなれる」

個人的に1年目を振り返って、何を一番学んだか 「全体的に毎日楽しく野球ができたのが一番良かったかなとは思う。キャンプからやってきて、本当にそういうのを感じる日がすごく多い。」
日本にいた時よりも多いかなと思います ――エンゼルスに入団して、1年間過ごして、やっぱりエンゼルスに入団して、1年間過ごして、やっぱりエンゼルスに決めて良かったなという思いはあるか 「そうですね、試合を重ねる度にそうですし、毎日、毎日こうやって球場に来る度にやっぱり来て良かったなとは感じるので、それは今でもそう思ってます ――野球、野球以外で米国の文化に一番驚いたことは何か 「特に何も驚きはなかったですけど、感じると言ったらやっぱり野球になってしまう。」
(レッドソックスの)ベッツ選手には先頭バッターでホームランを打たれているので、そこもすごく印象に残っているかなと思います ――今年1年ソーシア監督の下でプレーして、どういう印象だったか 「常にジョークを交えてコミュニケーションも取ってくれますし、本当にこう、やりやすいように1年間やってきて、単純に自分がやってこれた数字が残っているだけなので。」
そこに対して、良かったな悪かったなはあまりないですけど、ケガをしてしまった部分だとか、出られない試合があったりとか、そういうところでは悔しいところがあったかなと思います ――メジャーでプレーした痛感したこと。投手として、打者として 「それはキャンプからずっと通用しないところの方が多かったので、そこを一つでも多く埋めていけるようにそうやって、一日一日やってきた感じかなと思います ――メジャーでプレーした痛感したこと。投手として、打者として 「それはキャンプからずっと通用しないところの方が多かったので、そこを一つでも多く埋めていけるようにそうやって、一日一日やってきた感じかなと思います ――メジャーでプレーした痛感したこと。」
そこで頑張って何とか来年に良い流れをもっていけるように。あとポストシーズンにいけるように頑張りたいなと思います ――何が一番印象に残っている 「キャンプは全然、ダメでしたし。なかなか思うようにいかなかった。」
そこがやっぱり一番じゃないかなと。そこがあってシーズンを良いものにできたんじゃないかなと思います 大谷は今季ここまで打者で打率・286、22本塁打、61打点、10盗塁。
投手としては4勝2敗、防御率3・31の成績を残している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。