【MLB】ヤンキース、今オフはFA戦線に積極参戦!? マチャド獲りも…米メディア指摘

地区シリーズで宿敵レッドソックスに1勝3敗と圧倒されて今シーズンを終えたヤンキース。
2009年以来ワールドシリーズ制覇から遠ざかり、今季も100勝してプレーオフに進出したが地区シリーズで敗退。10年も世界一から離れているヤンキースは何を改善すればいいのか。記事では、課題を4つにまとめている。
最初の課題は、今オフのFA市場でヤンキースが「惜しまずにお金を使うかどうか」だという。今オフはブライス・ハーパー(ナショナルズ)、マニー・マチャド(ドジャース)、パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)らメジャーを代表する選手が数多くFAとなる。
ヤンキースも例に漏れず、今季年俸総額はぜいたく税支払いの上限である1億7960万ドル(約201億6800万円)を下回る1億7960万ドル(約221億2200万円)を下回る1億7960万ドル(約221億2200万円)で、30球団中6位にまで抑えた。
3番目の課題とは、CC・サバシアとブレット・ガードナーという、投打のベテラン選手の処遇だ。地区シリーズ第4戦では3回5安打3失点と踏ん張り切れなかった38歳のガードナーを、球団がどう扱うか。サバシアは今季終了でFAとなり、ガードナーは球団が1250万ドル(約14億円)の契約オプションを持っているが、行使するかどうかは微妙だ。
ただ、2人とも投手・野手のリーダーとしての存在感はあり、球団がどんな判断を下すかは興味深いところだ。もし現役続行を宣言しているサバシアと再契約しない場合、ヤンキース先発ローテで確実なのはセベリーノと田中将大だけだと指摘。今季不振だったグレイはトレード放出される可能性が高く、途中加入した左腕ハップはFAとなる。
その場合、若手有望株に期待すると同時に、FA市場ではコービン、さらには契約をオプトアウトしてFAになった場合のカーショーの獲得を目指すことになるだろう。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。