ヤクルト・小川、Gキラー本領なるか

ヤクルトは、神宮球場近くの室内球技場などで約2時間練習。
「勝ちにつながる投球をしてくれれば。内容より、結果を求めたい」と指揮官。小川は「自分の力を出し切りたい。
やるべきこと(準備)はやってきた。自信を持ってマウンドへ上がりたいと意気込む。昨オフに右ひじを手術した。
今季は出遅れたが、8勝をマーク。持ち味の直球に「スピードも出てきたし、ねらったところに投げられている」と手応えを口にする。相手打線について「勢いが出てきている。
油断せず、打者一人一人としっかり勝負できればと気を引き締めた“巨人キラー”は「立ち上がりから自分のボールを投げきれるように飛ばしていきたい」と力投を誓った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。