日本ハム 西川 自己最多更新の44盗塁 兄貴分と慕う矢野が「涙をこらえているのを見たらうるっときた」

2年連続3度目の盗塁王を狙う日本ハムの西川がロッテ戦で2盗塁を決め、自己最多を1個更新する44盗塁とした。
その上で「矢野さんは何事にも真剣で、ゼロか100かの人間。情熱というものを感じた。ああいうコーチがいればみんなついて行く。」
自分がやっていないことをやれと言われても選手はついていかないと今後は指導者としての才能にも期待。現役最終打席で安打を放った勝負強さについても「矢野さんらしいヒット。野球の神様は見てくれているんだと思った。」
いい終わり方ができたと自分のことのように喜んでいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。