【MLB】リーグ優勝決定S第1戦はブルワーズが3回に逆転 カーショー呆然、投手に被弾

■ブルワーズ – ドジャース(日本時間13日・ミルウォーキー)  メジャーリーグのナ・リーグ優勝決定シリーズが12日(日本時間13日)に始まり、前田健太投手が所属するドジャースは敵地でブルワーズと対戦。
すると、ブルワーズは3回から2番手のウッドラフをマウンドに送る。右腕はこの回を3者凡退に抑える好投を見せ、その裏に先頭で打席へ。フルカウントからカーショーの直球を捉えると、打球はセンターのフェンスを悠々越えた。
今季レギュラーシーズンで1本塁打を放っているウッドラフの豪快弾にミラー・パークは大盛り上がり。カーショーは呆然とした表情で打球を見送った。その後、ブルワーズはヒットや四球、捕手グランダルの打撃妨害で1死満塁となり、ペレスが犠飛。
グランダルの捕球ミスでなおも2死似、三塁とピンチが続いたが、ムスタカスは見逃し三振の3アウトとなった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。