甲子園の超スローボール男 JR北海道・西嶋が引退

2014年夏の甲子園に東海大四(現東海大札幌)エースとして出場し、超スローボールで注目を集めたJR北海道クラブの西嶋亮太投手(22)が、現役引退することを、自身のツイッターで発表した。
卒業後15年に内野手へ登録変更。今季再び投手に転向していた。8月の結成記念大会では1回戦TRANSYS戦に2番手で登板し1回1/3を投げ2失点で降板。
社会人4年目で「大学進学していたら最終学年。投手で結果を出せなければ、覚悟を決めないと」と話していた。チームは10月6日の結成記念大会準決勝が今季最後の公式戦だったが、西嶋はメンバー外。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。