阪神・大山&糸原&陽川“結果で”恩返し 感謝を胸に…金本チルドレン誓った

いつもと変わらない姿に、いつもと変わらないあいさつをした。
感謝の思いは消えない。誓ったのは最終戦の勝利、そして成長だった。電撃辞任にも、選手たちはうつむいた顔を懸命に上げた。
この日行われた指名練習に参加した若虎たち。大山悠輔内野手は真っすぐな思いを言葉に込めた。「監督はプロの世界に導いてくれた方、感謝しかないです」。
2016年度のドラフト1位として阪神に入団。大山の恩師も目を疑ったという金本監督のサプライズ指名だった。だからこそ、指揮官への思いも人一倍強い。
「結果で恩返ししたかったので、悔しい気持ちでいっぱい。成長して、これから結果を残すことが一番の恩返しになると思うので、2年間指導してもらったことを生かして、今後もやっていきたい」 大山と同期入団の糸原健斗内野手も「最後まで結果にこだわってやっていきたい」と最後まで執念を見せることを誓った。
いつもと同じ一戦、されど思いは違う。最後の最後まで、変わらず戦い抜く。育ててもらった感謝を胸に-。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。