【日本ハム】1勝1敗で最終戦に臨む栗山監督 「今日取れば流れが大きく変わると信じていった」

◆2018 パーソル クライマックスシリーズ パ ソフトバンク2ー4日本ハム(14日・ヤフオクドーム)  日本ハムの栗山監督が第1ステージ突破がかかる最終戦に向け、力を込めた。
初戦を落として負けられない第2戦。ソロ本塁打で先制しながらも、終盤に追いつかれる厳しい展開だった。8回2死から1番・大田、3番・近藤の3連続二塁打で2点を勝ち越し、逆王手に成功。
指揮官は「(西川)遥輝、(大田)泰示、コンちゃん(近藤)っていいバッターをつなげているつもり。本能というか本質的なものが、追い込まれれば追い込まれれば追い込まれるほど出ると待ち望んだ上位打線の覚醒に手応えを口にした。」
「今日取れば流れが大きく変わると信じていったから。ただ取ってみれば大きく流れが変わっているわけではなくて、相手も強いですし。うちの若い選手たちがもう1試合こういう試合をできることに意味がある。」
(第3戦を)取ればもっともっとこういうゲームができると天王山を見据えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。