ソフトB工藤監督、失点の加治屋に「彼への信頼は変わらない」

◇パ・リーグCSファーストS第2戦 ソフトバンク2―4日本ハム(2018年10月14日 ヤフオクD)  パ・リーグCSファーストステージ第2戦が14日、ヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクは3位の日本ハムに2―4で敗れ1勝1敗に。
打線は相手先発マルティネスを打ち崩せず終盤戦へ。
工藤監督は千賀について「ファウルで粘られることが多く、球数が増えてしまった」。勝ち越しを許した加治屋には「打たれるときもある。彼への信頼は変わらないし、今日のことは忘れて明日もまた頑張ってほしい」とエールを送った。
打線に対しては「(マルティネスに)うまく緩急をつけられた。カットボールや変化球をコントロールよく投げられるとやっぱり打てない。その中でも選手は粘り強く2点取ってくれたと思うとコメントした。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。