逆王手のハム、マルティネスが勝利の立役者「どの球種も質が良かった」

■日本ハム 4-2 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム)  日本ハムがファイナルステージ進出へ逆王手をかけた。
7回には高田に適時打を許したが、宿敵にリードを許さなかった。「状態も良かったし、しっかりとプランを練って投げた。」
「全体的に、どの球種も質が良かったと感じていた。全ての球で2点取られてしまった」。
150キロ超の真っ直ぐに、2シームとカットボールを交えて凡打の山を築かせた。7回に勝ち越し。マルティネスは勝利投手となり「今日は全体的にファイターズがいい試合をした。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。