金本監督「補強で勝たれた方が」穏やかに会見終える

<中日2-3阪神>◇13日◇ナゴヤドーム 阪神金本知憲監督が就任3年間のラストゲームをものにした。
「育成と勝利」の両立を理想に掲げ、積極的に若手を起用してきた3年間。「毎年勝つことを要求されるチームでしたけど、そこを思い切ってなるべく補強を避けて若い選手を作っていく、という面においては道半ばでした。これもプロ野球なんで、結果なんで仕方がないですね。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。