すべきこと欠けていたヤクルトバッテリー/谷繁元信

<セCSファーストステージ:ヤクルト0-4巨人>◇第2戦◇14日◇神宮 バッテリーがすべきことを欠き、ヤクルトが敗退した。
4回先頭のマギーに浴びた1発は初球スライダー。昔から外国人打者の入り球は気を付けろと言われるが、これも外角狙いが真ん中へ。そして亀井。
まだ2点差の2死一塁で長打だけは警戒しなければならない局面で初球のシュートをアウトローに投げきれず、内角に甘く入って2ランとされた。集中力の度合いが違う、1球が命取りになりかねない戦い。好打者が失投を逃すはずがなく「甘く入ってしまった」ではすまされない。
ヤクルトバッテリーのすべきことを欠いたプレーは、前日の第1戦からあった。小川-中村が初回1死一塁から田中俊に許した二盗。8連敗中の小川崩しに足を絡めてくることが予想されていたが、けん制もクイックモーションもなかった。
そして同7回に決められたヒットエンドラン。バッテリーは動いてくることを警戒しなければならない場面でけん制や間合いを長く取る、1球外すといった策を講じなかった。大げさに言えば1秒たりとも気を抜けない超短期決戦。
巨人菅野の投球は、その制球ミスは、ほぼストライクゾーンからボールゾーンに外れていくもの。
致命傷にはならない。勝たなければならない試合で無安打無得点という期待以上の結果で応えた姿は、まさにエースだった。ヤクルトナインには、この試合を野球をやめるまで覚えておいてもらいたい。
必ず今後の野球人生の財産として生かされるはずだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。