巨人菅野のPS初ノーノーは空前の記録 複数投手では中日の山井&岩瀬が完全

巨人・菅野智之が、10月14日のCSファーストステージ、ヤクルト戦でノーヒットノーランを達成。
ポストシーズンのノーヒットノーランは複数の投手が記録し、勝利した場合のみ記録として登録されるが、MLBでは複数の投手が記録し、勝利した場合のみ記録として登録されるが、MLBでは複数の投手での記録も、2007年11月1日の日本シリーズ中日-日本ハム第5戦で、山井大介-岩瀬仁紀の継投で完全試合を達成した例があるだけだ。まさに空前の記録と言えるだろう。
MLBでは、継投の記録12回を含め、32イニング無失点でレギュラーシーズンを終了。
そしてCSファーストステージでノーヒットノーラン。合わせて41イニング連続無失点。先発4試合連続完封を記録している。
セ・リーグのCSファイナルステージは10月17日から、マツダスタジアムで始まる。次回の菅野の登板は、中6日なら10月17日から、マツダスタジアムで始まる。次回の菅野の登板は、今後も続くだろうか。
他の巨人ナインの奮起にも期待したいところだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。