日ハム・大田 殊勲打の陰に先輩の助言 「矢野さんの分まで」

2-2の同点に追いつかれた直後の八回だった。
期する思いがあった。前日の第1戦でも「2番・右翼」で先発出場したが、結果は3打数無安打。七回に打席を迎えたところで代打を送られ、チームも敗北を喫した。
「(途中交代に)悔しい思いはあったと大田。この日も第3打席までは無安打。第4打席で放った勝ち越し打は、まさに意地の一振りだった。」
殊勲打の陰には「兄貴分」と慕う仲間の助言もあった。今季限りで現役引退を表明した矢野は、巨人時代から苦楽をともにした先輩。前日の試合後に電話すると、技術的なアドバイスを送られたという。
この日のお立ち台には矢野のユニホームを身にまとい、「矢野さんの分まで頑張りたいと言葉に力を込めた。負ければCS敗退という土俵際で底力を見せた選手の姿に、栗山監督は「追い込まれたときにどういう野球をできるか。本当に必死になってやっている」と目を細めた。
「1つ(勝利を)取れれば、流れは変わる」と指揮官。この日見せた勝利への執念を、ファイナルステージ進出への突破口にする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。