阪神・矢野監督誕生 虎党は“超積極野球”に期待 「金本監督がまいた種を咲かせて」

阪神・矢野燿大2軍監督(49)が15日、西宮市内の球団事務所を訪れて球団から受けていた次期監督の就任要請を受諾した。
尼崎市の種市友美さんは「矢野さんが監督を引き受けてくださって心から嬉しいです。金本監督の思いを引き継いでくれるのは、矢野さんしかいないから」と“金本―矢野ライン”での猛虎復活を描いた。横浜市の田中麟太朗さんは「必ず監督になられる方だとは思っていましたが、この状況での就任よりは期待より不安が大きいのが本音です。
それでも、就任していただいたからには、何年でも待つ覚悟で、金本監督がまいた種を綺麗に咲かせて欲しいと最下位からの巻き返しという難題に挑む矢野監督へ熱いエールを送った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。