ソフトバンク加治屋が大田、近藤斬りで涙のリベンジ

<パCSファーストステージ:ソフトバンク5-2日本ハム>◇第3戦◇15日◇ヤフオクドーム ソフトバンク加治屋蓮投手が涙のリベンジを果たした。
しかも打者は大田からだ。加治屋は「野球の神様がいるのかなと思った。ここしかリベンジのチャンスはなかった。」
「ラッキーだと思いました」。意気に感じ、マウンドに立った。先頭の大田は変化球で攻めた。
前日にフォークのサインに首を振り、直球を打たれた反省を生かしフォークで三ゴロに打ち取った。続く近藤もフォークで三ゴロに抑え、3人で切った。
ベンチに戻ると、目に涙がにじんだ。工藤監督からは「やったな。8回は任せているから、次も頼むぞ」とねぎらわれ「ブルペンで名前を呼ばれるか不安で、呼ばれたときからウルウルきていました。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。