ドラフト候補対決は明暗 国学院大・清水12K完投!東洋大・梅津は初白星ならず

「東都大学野球、国学院大4-2東洋大」(16日、神宮球場)  国学院大・清水昇投手(4年・帝京)がドラフト上位候補対決を制した。
「真っすぐをインコースに投げ切れた」と直球は最終回まで140キロ台中盤をマークし、得意のツーシームもさえわたった。前週の亜大戦で敗戦投手になると、鳥山泰孝監督に「4年間の集大成を見せられるようにマウンドへ上がるので、信じてください」とラインで連絡。“有言実行”の快投を披露した。
敗れた梅津は、またしてもリーグ戦初白星をつかめなかった。初回に連打でピンチを迎えると、暴投と捕逸で2失点。六回2死から再び連打を浴びたとこで、杉本泰彦監督から交代を告げられた。
5回2/3を4失点で今季初黒星を喫した右腕は試合後、無言でバスへと引き揚げた。指揮官は「何とかしたいという気持ちが強すぎるんですかね。でも、それを克服しないと勝てない」と奮起を期待。
悲願の勝ち星へ挑戦は続く。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。