田尾氏、日ハムの救援陣に苦言

パCSファーストステージ第3戦 ○ ソフトバンク 5 - 2 日本ハム ● <10月15日 ヤフオクドーム>  15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ第3戦 ソフトバンク-日本ハム戦』で解説を務めた田尾安志氏は、日本ハムの救援陣に苦言を呈した。
1つもアウトを奪えず降板した。先発・杉浦が降板後の失点は、いずれもリリーフ投手がこの日初めて対戦する打者に打たれた本塁打だった。これに田尾氏は「今日は代わったピッチャーが先頭にホームランを打たれているんですよね」と話し、「井口、トンキン。
リリーフピッチャーで一番大事なのは、代わった次のバッターを抑えてくれということなんですよ。その大事な一番目のバッターを抑えてくれということなんですよ。その大事な一番目のバッターを抑えてくれということなんですよ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。