阪神 藤原次期オーナーが会見「愛される阪神タイガースができていければ」 

次期オーナーが内定している阪神電鉄・藤原崇起代表取締役会長(66)が16日、大阪市内の電鉄本社でオーナー交代内定会見を行った。
矢野新監督については「捕手としての見識。2軍監督もやっていただいて、(そういった経験を)どういうふうに生かしていただけるのかを興味本位ではありますが、聞いてみたいと思います」と話した。新体制で臨む来シーズン。
「まずは勝つこと。野球場へ来ると、ファンの皆さんとチームが一体となって本当に一緒に戦っているというチーム作りを矢野新監督によって成し遂げられればすばらしいこと。それを皆さんに期待していただけるようにこれから準備していただく。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。