【巨人】坂本勇、CS最終Sに決意「失うものはないので、思いきってやるだけ」

巨人の坂本勇人内野手(29)が16日、17日から始まるクライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(S)突破へ闘志を燃やした。
でも、僕らはチャレンジャー。失うものはないので、全員で思いきってやるだけです 今季広島には7勝17敗1分けと苦しんだ。ただ、今は違う。
シーズンでは借金4の3位でCS進出となったが、ヤクルトとの第1Sは2連勝で第一関門を突破した。主将も「(チームは)いい雰囲気ですし、2連勝で第一関門を突破した。主将も「(チームは)いい雰囲気ですし、2連勝した勢いを初戦に持っていけたらいいと、手応えを感じている。」
特にリーグ王者として臨んだ14年は、第1Sを1勝1分けで勝ち進んできた阪神の前にまさかの4連敗。その時には「短期決戦の難しさを感じました」と話していたが、今回は真逆の立場で試合に臨める。それだけに「僕らの方が試合をやってきたばかりで(試合の)感覚はありますし、勢いもあると思うのでそこはプラスに捉えていきたい」と、うなずいた。
この日はマツダで全体練習を行い最終調整。
「いい投手なので、狙い球だったり状況に応じていろいろと考えながら、打線全体で攻略していきたい」。相手エースを攻略すれば、さらにチームの勢いは加速するはずだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。