【MLB】1勝2敗のドジャース監督、第4戦の勝利を誓う「余計なプレッシャーはない」

ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦は16日(日本時間17日)にドジャースタジアムで行われている。
昨年に続くワールドシリーズ進出、そして30年ぶりの世界一を目指すドジャースはブルワーズに1歩リードを許したが、ロバーツ監督は「ここ3年間チームにかかるプレッシャーを見てきたが、今年ポストシーズンで今までと違う点は見当たらない。各試合、そしてシリーズに勝利することに集中している。余計なプレッシャーはかかっていないと思う。」
以前にもこのような状況には立たされているし、とにかく一つずつ試合に勝ち続けなければならない。何も(プレッシャーの)違いはないと自信をのぞかせた。本拠地に舞台を移した第3戦は完敗。
試合後には、ヘルナンデスの「ファンにもエネルギーがなかった。スタジアムにもエネルギーがなかった」という発言が波紋を呼んだ。これについても聞かれたロバーツ監督は「手短に話をしただけ。
彼は勝利することと、自身が貢献することが大事だと思っている。そして、彼のファンとの触れ合い方は無類のものだ。だから、選手もコーチも、そしてファンも共に闘っていくものだと彼が感じていることを、私は知っていると理解を示した。
第5戦はカーショーが先発予定。今季終了後に契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持っているエース左腕がドジャースの選手として先発するのは最後になる可能性もある。ただ、ロバーツ監督は「今日の試合と、明日クレイトン(カーショー)が登板することだけを考えている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。