地の利か 好相性の菊池攻略か【パ・CSファイナル】

クライマックスシリーズ・ファイナルステージが17日に開幕する。
ただし、メットライフドームでの対戦成績を見ると西武のチーム盗塁数は132。
一方で内訳を見ると、ロッテ戦=13、交流戦=22。今季盗塁阻止率・447をマークした甲斐の存在もあってか、ソフトバンク戦での“足攻め”の数字は低くなる。ソフトバンクが最も盗塁を企図されたのはロッテで26。
西武は2番目に多い24だった。ソフトバンクバッテリーのカード別盗塁阻止率は 日本ハム=・471 西武=・458 ロッテ=・346 楽天=・231 交流戦を含めてのトータル阻止率も・400で、かなり高い。9月17日の西武戦では甲斐が金子侑を2度、秋山と源田を1度ずつ盗塁を刺すなど、足を封じている。
一方、西武打線のソフトバンク戦打率は・248。パ球団との対戦成績ではワースト。投手陣もソフトバンク戦の防御率が最も悪く4・82だった。
同時にソフトバンクも西武に対して比較的、苦手としている印象。西武戦打率は、パ5球団との対戦成績の中で4番目となる・265。
第1戦の西武先発は菊池。ソフトバンク戦ではプロ通算19試合で1勝13敗と相性の悪さに苦しんでいた。
ソフトバンク先発・バンデンハークは今季西武戦3試合で2本塁打5打点を許している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。