巨人 6回に反撃開始 大瀬良から1点奪うも満塁で長野が初球凡打

◇セ・リーグCSファイナルステージ第1戦 巨人―広島(2018年10月17日 マツダ)  巨人が0―4で迎えた6回、3番・マギーのタイムリーで1点を返した。
陽岱鋼は四球で歩いて2死満塁としたが、長野が初球のカットボールを打ち上げて二塁へのフライに終わり、反撃は1点止まりとなった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。