広島新旧4番がけん引 鈴木誠也が導き新井に花道を

新旧4番が結束だ。
昨年はDeNAの前に苦杯をなめた。
ファンの方にも喜んでもらいたいと語った。昨年と同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。鈴木は「(新井とプレーする時間は)残りわずかだと思うので、勝つことが一番。」
最後までやれたらいいと日本一を花道とすることを誓った。過去2年のCSを振り返ると、4番が打点を挙げた3試合は2勝1敗。
一方で打点なしの6試合は2勝4敗と負け越している。16年は新井が主に4番のバットがチームの流れを分けると言っても過言ではない。
期待がかかる中でも、鈴木は「自分が決めるというよりも、とにかく塁に出ること。後ろにつなぐ意識でいる」とチーム打撃を最優先に考える。それは後ろ姿から学んだ新井イズムでもある。
「今年は絶対に、新井さんと日本一になりたい」。4番を継承した新井とともに。鈴木がバットでCS突破に導く。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。